バーチャルYouTuber(VTuber)・バーチャルライバーの紹介や配信状況をまとめる情報サイトです。

配信紹介

オモコロ×月ノ美兎 トロッコ問題にサイコパスが出す回答

投稿日:

にじさんじの月ノ美兎委員長がオモコロのライターARuFaとダ・ヴィンチ・恐山がMCを務めるWEBラジオ「匿名ラジオ」にゲスト出演しました。

お互いの距離感の探り合いから始まった会話は『深層心理を掘り起こせ即答自己紹介ゲーム』や唐突なものまね合戦によってすっかりうちとけていきます。

そして「この3人に共通することは道徳心のなさ」というARuFaさんの発案で『道徳心を養うためにその場でやっちゃいけないことを考えてみよう』のコーナーが始まりました。

5人が轢かれるのを見過ごすか、進路を切り替えて1人を犠牲にするのか

第一問、まずは『これからの「正義」の話をしよう』などでも有名なトロッコ問題からスタート。

「ちなみに月ノさんこれはどうします?」と問いかけられて

「全員関係ないですもんね、自分の身とは」
といきなり道徳心の薄さが伺えるサイコ発言を放っていく委員長。

さらに「自撮りしてツイッターに上げる」という意見に対して

「あれどうですか?ツイッターのアンケート機能で、どっち殺すかって」

と心無い提案をしがら「みんなの声を聞き入れますからね」と本人は満足げな表情。

更に第二問「崖から今にも落ちそうな恋人と家族、どっちから助けるか」という問にも

「プレゼンとかさせたらいいんじゃないですか?お互いにどれだけ自分を助けたらメリットが有るか言ってもらって、納得行かなかったら手を緩めるみたいな」

という完全にデスゲームの主催者目線の提案をして、「自分の手を一切汚してない」とその非道さを糾弾されてしまいます。

次のコーナーの『遠足に持っていける「ギリギリおやつ判定」の食べ物を決めよう』でも、『かぼちゃ煮』に対して「家の所得による」、『ラスク』に対して「嫌なガキ・・・」「殴っても何も一言も発さなかったらOK」、などのサイコパスみあふれる回答を連発していきました。

最終的なおやつ判定

 

最終的な判断を求められた月ノさんは「ポカリの粉は芸術展が高いので一番上に。これは独創性がある。先生は多様性を認めていきたい」といつのまにか委員長から先生目線になっていました。

最近では企業案件なども増え、にじさんじの顔役という立場ゆえか尖ったネタは抑えめだった印象の委員長ですが、サブカルの本場オモコロのフィールドに呼ばれて遠慮無用でキレッキレのやり取りが繰り広げられた楽しい放送でした。
やっぱり委員長はすげえや!

The following two tabs change content below.

ヌガー

記事が気に入って頂けたら引用元の動画も是非見てVtuberさんの応援おねがいします。

記事下336px




記事下336px