バーチャルYouTuber(VTuber)・バーチャルライバーの紹介や配信状況をまとめる情報サイトです。

解説記事 配信紹介

辛さの限界を超えろ!ペヤングMAXENDに挑んだVTuber達の記録

投稿日:

空前の激辛チャレンジブーム到来

最近VTuber界で激辛ペヤングMAXENDに挑戦するのが一大ブームになっています。

こちらの方がMAXENDを食べたVTuberの一覧をまとめてくださっています。ツイッターで食べた報告をしただけの人も多数含まれているため、リストの全員が動画で食レポしている訳ではないのですが、それでもこの半月でおそらく50以上の動画がアップされたと思われます。

 

スポンサードリンク

激辛チャレンジの発端

リアルのYouTuberの間では食レポは超メジャーなジャンルです。

YouTuber界の大親分、ヒカキンさんが北極ラーメンに挑戦したのは今から4年以上も前になります。
しかしバーチャルでは実際に食べている様子が見せられないためVTuberで単なる食レポをしても企画として成立しにくく、試みる人は殆どいませんでした。

現在のブームとなるきっかけになったのは、あにまーれの日ノ隈らんちゃんによる蒙古タンメン北極チャレンジです。

辛いのが苦手ならん太郎が辛さに喘ぎながらも喋り続け、スープまで完飲するという芸人根性を見せつけたことがブレイクスルーとなり、蒙古タンメンに挑戦するVTuberが増加、VTuber界に食レポブームが到来しました。

ねるちゃんからの助け舟を「スープ全部飲め」と読み間違え、素直に従うらん太郎

 

ペヤングMAXEND発売

2018年8月27日のペヤングMAXEND発売を機にバーチャル、リアルを問わずYouTuberの間でMAXEND食レポが大ブームとなります。

リアクションで勝負する以外にも、ゲームの罰ゲームとして活用する、早食いチャレンジ、辛さを更に追加するなど様々な企画が行われました。

全てを見れたわけではないのですが、私が見た中で特におすすめの配信をいくつか紹介いたします。

イチャイチャ部門

ホロライブの白上フブキちゃん夏色まつりちゃんによるコラボ。ENDを平然と食べるフブキちゃんと「一緒に食べるって約束だから」と懸命に食べようとする健気なまつりちゃんの対比が可愛らしい配信です。

 

ギャルJK天使の天死ちゃんと宝塚系王子キャラのルイス王子によるオフラインコラボ。二人で一口ずつ食べあい、辛そうなリアクションをした方が事前に募集した恥ずかしいセリフを読み上げるという対決要素と双方向性を備えた楽しい企画です。

 

エンタム所属の皆守ひいろちゃん花野蜜ちゃんによるコラボ。
ゲーム対決で負けたほうがMAXENDを食べるという企画でしたが、負けたひいろちゃんが苦しんでいる様子を見て辛いの好きな蜜ちゃんが自分も食べたがる場面も。

コラボ企画は苦しむリアクションと同時にそれを見守る相手のリアクションも引き出せ、女の子同士が仲良く盛り上がるところが見られて全体的に満足度の高い配信ばかりでした。

イキリ部門

ゲーム部プロジェクトの道明寺晴翔による、マリオカートで1位を取れなかったら罰ゲームで食べるという動画。尊大でいけ好かないキャラの道明寺が、負けが込むたびにドンドン追い込まれてプレイングもボロボロになり、人格が崩壊していく様はある意味エンターテイメントの王道といえるでしょう。編集されているのでテンポ良く見れる動画です。

 

イキリキャラの卯月コウ君が、減らず口を叩きながら挑戦したはいいものの、すぐさま弱音を吐いて泣きを入れ、何とか食わずにこの場を凌ぎきろうと弁舌を弄してはコメント欄から煽られて最後まで食べさせられるという、生意気ショタ好きにとっては満点のリアクション配信です。泣きながら食うコウ君の喘ぎ声に欲情したという意見も。

基本的に男性配信者の場合は「可愛い」というブーストがないので、最初に散々イキっておいて「調子乗った奴が痛い目にあう」的なニュアンスを出しておくのが面白くするポイントになりそうです。

アイデア部門

MAXENDを交互に一口ずつ食べてはカラオケを歌うというピーナッツくんぽんぽこの兄妹コラボ。どれだけ辛いのかというダメージ表現が、息が荒くなって声が全然出せないという形で自然に伝わってくる見事な企画です。
辛すぎて思わず素の関西弁に戻ってしまうぽんぽこや、ぽんぽこを急かしながらもさりげなく自分のほうがたくさん食べてあげるピーナッツくんの優しさも見どころです。

 

「ペヤングやきそば激辛MAXENDを食べていると悟られないように、安価できた食事をエア実況する配信」。ものすごいアイデアの詰まった配信です。何故か普段から声優の滝口順平さんの声真似で喋る嘘つきVTuberのにまいジータさんが「余裕過ぎて面白くないのでネタにする」と嘯きながらチャット欄から出された嘘の食材の振りをしながら食べ始めるのですが、食ってるときのリアクションがめちゃくちゃしんどそう
悟られないように一生懸命余裕なふりをしつつ、無理やりに軽快なトークをしようとする合間に挟まる素で辛そうな吐息がひたすら笑えます。体を張ったエンターテイメント精神が二重三重に感じられる素晴らしい配信です。

可愛い部門

女性VTuberさんが必死に辛いのを食べる姿はどれも可愛いのですが、その中でも一つ挙げるならにじさんじの家長むぎちゃんを推させていただきます。
可愛らしい甘え声のむぎちゃんが「インスタントラーメン自体食べたことが1回しか無い」とワクワクしながら「痛い痛い」とはしゃいだり、中和しようと甘いものを食べたのに何を食べても痛いとキレたりする姿は庇護欲をそそられます。

激辛部門

ただでさえ「唇が腫れ上がる」「胃が熱くなるので今どこにあるかわかる」と言われているMAXENDに更にサドンデスソースを加えるというウル=ケン・ノースによる狂気の配信です。一口試食した時点で盛大にむせていて辛いの平気なタイプでもなさそうなのに、勢いよくシェイクした結果、一瓶の殆どを入れてしまったケン。

「こんなに口の中に入れるのを躊躇ったことはない」と、明らかにやばいレベルになってしまっているのに「まあ、気のせいだろう!」と言い切り、「美味い!脳みそが破裂するような美味さだ!」「精神が鍛えられる神のような味」「青酸カリに比べればマシ」など、一言も弱音を吐かずに無茶苦茶な理屈で褒め称えながら完食し切るケンの凄まじい精神力には感服します。

リアクション部門

ここまでもみなさん素晴らしいリアクション揃いだったのですが、その中で一番のリアクションだと感じた配信はこちらでした。

福山雅治の物まねをするVTuberふくやマスターさん
「みんな頭が足らないよね」「予め準備しておけば余裕」と事前に乳製品で膜をはり胃薬も飲んだと自信満々の様子でしたが、食べる前に匂いをかいだだけで「涙が止まらない」とヘタレだし、ひとくち食べて「あぁ、(何だ余裕ですね)」と言おうとした一瞬後に盛大にむせて一撃で体力ゲージが残り1ドットまで減らされるほどのクソザコっぷりを披露します。

「みんな大げさにやってるだけなのかなって思ってたのよ。頭おかしいよね・・・」

といいつつも死にそうになりながらも必死に食べ続けるリアクションは必見です。どれだけ辛いものを食べるかよりどれだけ辛そうに食べるのか、そこが芸の見せ所だと思い知らされる配信でした。

 

これからチャレンジされる方へ

辛いものに関しては慣れや個人差が大きいようで、全然平気だったという人もいれば、とても食べれたものじゃないという人まで様々でした。
特に食べ慣れてない人はお腹を壊してその日の夜から何度もトイレに駆け込んだという報告が多く上がっているので、翌日に仕事や学校がないタイミングでのチャレンジをおすすめします。
牛乳は事前に飲んで胃を保護するだけでなく、食べている最中に辛さを中和するのにも有効らしいですが、飲みすぎると牛乳でお腹を壊してしまうことにも繋がるので飲み過ぎにはご注意を。
また、ソースがついた手で目を拭ってしまうと激痛が走って目が開けられなくなるのでそちらも気をつけてください。
どれだけ辛いのか確かめてみようという方は、くれぐれも体に気をつけて激辛チャレンジしてみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

記事下336px




記事下336px




関連記事

ライブ王決定戦の舞台裏! 関係者が明かした裏情報まとめ

前回の記事で詳細をお伝えした第一回ライブ王決定戦ですが、関わったVTuberさんたちがその舞台裏につ...

【VTuber紹介】話題のイキリ豆ピーナッツくん&甲賀流忍者ぽんぽこ

最近よく名前が聞かれるようになったピーナッツくんと甲賀流忍者ぽんぽこ。 ピーナッツくんは元々ピーナッ...

まとライ日報(2018年5月24日)

まとライ的本日の出来事をピックアップしてお伝えします。 VTuberニュース !!??!???? (...

勝つためならなんでもOK! 最も多くの視聴者を集めた配信者が勝利する、第一回ライブ王決定戦開催決定!!

第一回 ライブ王決定戦開催決定 24日、甲賀流忍者!ぽんぽこ氏のチャンネルにて、『第一回 ライブ王決...

第一回ライブ王決定戦 最大視聴者数27000人が熱狂したVTuberガチバトル!

2018年9月29日にVTuber4人が同時視聴者数を競うイベント『第一回ライブ王決定戦』が開催され...