バーチャルYouTuber(VTuber)・バーチャルライバーの紹介や配信状況をまとめる情報サイトです。

解説記事

『BANs』と伝説のリーダー微糖カイジ

投稿日:2018年5月23日 更新日:

VTuberグループ『BANs』をご存知だろうか?
今後の台頭が予想されるユニットでありながら、とある理由によって彼らがグループとして活動した動画は今現在ほとんどYouTube上に残されていない。
そのため彼らの軌跡を記しておこうと思う。

BANsが結成されたのは2018年の3月上旬。
当時はブームの加熱によりVTuberの総数は1000体を突破。
中でも個人制作のVTuberでは企業がプロデュースするVTuberに比べて技術力、アバターの出来栄え、動画編集、宣伝力などあらゆる点が不利で、何らかの特化した専門分野でもない限り、一般的にはほとんど注目されずに埋もれていた。
そういった状況で個人VTuber達は互いに同士として交流するようになり、そこからコラボの流れが発生した。

コラボとは簡単に言えば『共演』のことであり、異なる世界観を持つキャラが共演することで化学反応を起こしたり、キャラ同士の関係性を生み出して世界観を広げていく手法である。

コラボブームの中、Twitterで一人のVTuberが不特定多数に向けてコラボグループ結成を呼びかけた。

その男の名は微糖カイジ。
福本伸行氏の漫画「カイジ」シリーズの主人公である伊藤カイジのパロディキャラクターで、原作の設定を踏襲してバーチャル債務者ユーチューバーを自称するVTuberである。
原作においても弱者であるカイジは同じ境遇のものとチームを作って強者に対抗することを得意としてきた。
微糖カイジも同様に、自分と同じ境遇の持たざるものを募った。
すなわち、いつ著作権侵害の申し立てを受けるかわからないカイジと同様、存在自体が動画削除、アカウント削除の危険を孕んでおり、コラボする相手を探せないVTuber達である。

BANs結成

カイジの呼びかけに呼応して集まったメンバーは総勢9人。
これほど大所帯のコラボは筆者の知る限り他になく
なおかつそのメンバーたちはいずれもアウトスレスレの危険な連中揃いであった。

既に規約違反で動画を削除された前歴を持ち、YouTube上での生放送が禁止されたためFC2で活動を行っていた万楽えね(まぐらえね)
BANs結成生放送中に著作権者からの申し立てメールを受け取り、活動を停止した巨神兵などの、配信的な意味で危険過ぎるすぎるメンツや
9人での音声通話というただでさえ混乱した場で、ひとたび声を発すると「ボボボボボボ」という大音響ノイズで周りの声をかき消す異様な存在感のシロウケン
かたや逆に声の通りはいいものの、とりとめのないことを喋りまくって場の会話が前に進まない落ち着きのなさすぎる宇宙怪獣アンチンといった強烈な個性が集まってBANs結成集会は大混乱大賑わいとなった。

その後、ゲーム対戦配信などグループであることを活かした活動を開始していくなかで、ギャンブル漫画を出自に持つカイジから麻雀配信が提案される。

麻雀は高い知名度の割にルールを知らない人が多く
そのため麻雀を題材とした名作漫画が多数あるにもかかわらず内容を理解できない人が多いことを残念に思っていたカイジは、BANsメンバーに麻雀のルールを解説することで、同様に麻雀を知らない人にもルールを覚えてもらう動画が作れると考えて麻雀講座の配信を行った。
しかしここで「偉そうに講師なんて言ってるけど、お前自身はどのくらい強いんだ?」との挑発が入り、後日にBANs外のVTuberを相手に麻雀対決が組まれるが、カイジはそこで最下位を取る醜態を晒してしまう。
そのときカイジに与えられた罰ゲームが鬼畜のような難易度で有名な「プーさんのホームランダービー完全クリア」であった。

 

スポンサードリンク

プーさんのホームランダービー

ファンシーな見た目に反して異常な難易度で知られる

カイジはこのゲームをクリアするまで生放送で実況配信し続けなければならないことになり、4月21日土曜日の午前10時より配信を始めた。
当初は「終わるだろ・・・午前中には・・・」と楽観的に構えて居たカイジは
事実序盤のステージを順調にクリアしていき、全8ステージ中7ステージまでを1時間と少しで突破したが、最終ステージ8にて快進撃はあっさりと止まる。
ステージクリアの条件は全50球中40球をホームランするというものであったが、何度リトライしてもせいぜい半分を超えるのがやっと。次第に実況する余裕がなくなり無言の配信が続くことになる。
しかしこの耐久配信が長時間に及ぶほど徐々に話題となっていき、視聴者数とチャンネル登録者は伸び続けた。
「ただ無言でバットを振り続けるだけのこんな動画の何が面白いんだ!?」と戸惑うカイジだったが、応援に後押しされて配信は深夜まで続き、およそ14時間に渡ってプレイし続けるも結局クリアすることはできず、極度の疲労によりその日の配信は終了する。

翌日、再び午前10時より配信続行。
壮絶な戦いの噂を聞きつけ、前日にも増して多くの人間が配信を見にかけつける。
さらにBANsメンバーや他のVTuberも各自のチャンネルでホームランダービー生配信を開始するという一大ムーブメントに発展した。
そして開始から7時間27分、ついにホームラン40本達成の瞬間が訪れる。

「う゛お゛お゛お゛お゛お゛お゛!や゛っ゛た゛ぁ!や゛っ゛た゛ぁ゛!」
まさに藤原竜也さながらの雄叫びを上げるカイジ
前日から合わせれば20時間を優に超える苦行を成し遂げたカイジに視聴者は感動。この配信はyoutube急上昇1位を獲得し、視聴者数3500人に対し高評価は3000を超えた。

 

伝説の夜

4月25日水曜日、勝利に浮かれたカイジは酒を飲みながら特に目的もなく生配信を開始する。
この配信にカイジを応援していた多くのVTuberがゲスト出演を希望し
中にはカイジがVTuberになるきっかけとなったあこがれの人物も居て、カイジは大感激。
参加メンバーは最終的に45名にまで達する前代未聞のお祭り騒ぎとなりこの配信はVtuber史に残る伝説となった。

しかし翌26日、カイジのチャンネルにアップロードされていた動画が全て削除される。
理由は権利者からの動画削除申請を受けたためであった。
当初より著作権者から注意を受けた場合には即座に応じる予定で活動していたカイジが自らの意思で削除したのである。
チャンネル登録者数2万人を突破し、VTuber界のスターの一人になった矢先の出来事であった。

動画を全て削除したカイジであったが、この期間に得た体験は彼にとってあまりにも大きすぎた。
復帰を望む声も多く、カイジは著作権を侵害しない新しいアバターを作って復帰することを決意する。
このカイジ不在中、BANsの看板を掲げた活動はごくわずかしか行われておらず
メンバー達がリーダーの復帰を待っていることが伺われる。
メンバーは各自のチャンネルで着実に登録者数を増やし、頭角を現しつつあり
それと同時にこの癖の強い面々を制御していたカイジの統率力は今にして思えば並々ならぬものだったと再評価する声も挙がっている。

 

カイジ転生

5月13日
半月におよぶ謹慎沈黙を破ってカイジ復活企画が始動した。

https://www.openrec.tv/live/PrRIGtb2BFN
(配信はopenrecで行われたため、配信アーカイブをみるには有料会員になる必要あり)
BANsメンバーの万楽えねが描き手となって、BANsメンバーと視聴者の意見を取り入れながらリアルタイムでキャラクターデザインを決定していく配信が行われた。
完成したデザインは好評で、まだ製作途中にも関わらずキャラのファンアートが100を超えるという新たな伝説が生まれた。


新キャラの名前は天開司(てんかいつかさ)、後ろ二文字を取って通称カイジとなった。

今現在、カイジの復活は秒読み段階に迫っており、復活後は休止中に練られた数々のBANs企画が始動、BANsの快進撃が始まることが期待される。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

記事下336px




記事下336px




関連記事

第一次シロウケン正妻戦争

2018年5月18日 シロウケンのチャンネルにおいて正ヒロインを決める正妻戦争が催された。 出場者は...

【VTuber紹介】リアル鈍感系主人公シロウケン

今やVTuberの数は2000体を超え、海千山千の猛者が血で血を洗う戦国時代が繰り広げられる昨今です...

えげつない闇を披露する万楽えねと、それを受け止めるシロウケン『シロウケン正妻戦争2次反省会』

『第一次シロウケン正妻戦争』の反省会として立ち上げられた(言うほど反省会をしてないが)『シロウケン正...

【VTuber紹介】過激派ダークエルフ、ヤミクモケリン

ぶち飛ばしていくぜ!! BANsメンバーでもあるヤミクモケリンはバーチャル群馬に有るエルフの森に住む...

『実質にじさんじ』の豪華メンバー!?いわながの部屋・PUBG配信

深夜さんじのにじさんじ(COO) PUBGとは FPSとも呼ばれる銃撃戦バトルロワイヤルゲームで、1...